現在、日本の法律では自動車で公道を走るには自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責保険)に加入することが法律上で義務とされている他、任意で自動車保険に加入することが常識となっています。理由は、対人事故の場合、被害者へ支払う賠償額が跳ね上がっているためです。

しかし、現在は若者や都市在住の人を中心に、自家用車を所有しておらず免許を取得してから数回しか運転しない、あるいは一回も運転したことがないペーパードライバと呼ばれる人が増えています。これは昔と違って、若者が車に興味を示さなくなったことと、都心部は公共交通機関が充実しており自家用車を所有する必要がないためです。

ペーパードライバーは、年間数十万円近くする自動車保険に加入しているわけもありません。とは言っても、中には、実家に帰省して久しぶりに車を運転したくなる人も多いと思います。そんな人は車に掛けられている自賠責保険のみで運転せざる終えないのでしょうか?そんなことはありません。
そんなペーパードライバーの方のために、1日保険と呼ばれる自動車保険があります。
むしろ自賠責のみで車を運転することは万が一の事故の際、金銭的に取り返しがつかないことになりますので決してやらないで下さい。

1日保険とは、文字の通り1日から加入できる自動車保険です。前述の通りペーパードライバーの他、免許を取得したての初心運転者が自家用車を運転する為に短期間だけ契約する自動車保険です。短期間の契約なので、一般的な自動車保険と比べて保険料も安価です。いわば1日保険は初心者の味方と言えましょう。

現在、1日保険の商品は、

三井住友海上                1DAY保険、
東京海上日動                ちょいのり保険、
あいおいニッセイ同和損保        ワンデーサポータ

があります。

1DAY保険はセブンイレブンで、契約から支払いまですることができます。ワンデイサポーターは格安事業者以外の回線契約があるスマートホンから申し込むことができます。

それでは、1DAY保険を例に保険の申し込み方法を紹介します。1DAY保険はセブンイレブンのマルチコピー機で手続きから支払い用紙の印刷までを行うことができますが、事前に自宅のPCやスマートフォンで必要事項を登録してからセブンイレブンで保険料を支払うこともできます。契約の際、用意するものは、

運転者の免許証
運転する車のナンバープレートの情報

の二つです。まず、運転者の本人情報と免許証の情報を入力した後、車のナンバープレートの情報を入力します。ここで注意すべきなのは、保険の対象車が自家用車のみで、レンタカーや事業用車では契約することができません。旅行などでレンタカーを借りる方で運転経験が浅く、ぶつけてしまうか不安な方は、その店舗が用意している保障プランを利用しましょう。

次に、1DAY保険のプランを紹介します。この保険のプランは、

Aプラン    対人と対物の賠償、自損と搭乗者の傷害を補償         500円
Bプラン    Aプランに加え、車両復旧費用を補償                        1500円
Cプラン    Bプランに加え、車内手荷物の損害を補償                1800円

の3つがあります。
Aプランは、自賠責保険の対人賠償の補助の他、通常の自動車保険についてる対物賠償、傷害特約が付いている基本的なプランです。
Bプランは、Aプランに加え、300万円が限度の車両復旧費用保険がついてきます。初めての運転での万一の事故でバンパーを凹ませてしまっても安心です。ただし、初めて契約する方は、このプランを契約する際は1週間前に予約をする必要があります。
Cプランは、Bプランに加え、運転者や搭乗者の車内手荷物が事故で損害が生じた場合に補償してくれるプランです。

1DAY保険は2回目以降の契約の方は4%の割引をされます。例えばBプランの場合1500円のところを1440円です。

肝心の1DAY保険の事故対応の評判ですが、筆者は1DAY保険を掛けて2度車を運転したことがありますが、無事故であったため保険を利用することはありませんでした。まあ、保険は入っておく必要はもちろんありますが、保険にお世話になるようなことは無いに越したことはありません。が、短期間で安いとはいえ、保険料を払うわけですから、万一の事故対応は気になりますよね。
実際にインターネットで評判を調べてみると1DAY保険に入って知人に車を貸した方の記事が見つかりました。
(参考) http://memyself.xyz/2017/02/05/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E2%80%90%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%85%A5%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BA%95%E4%BD%8F%E5%8F%8B%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE1day%E4%BF%9D%E9%99%BA%EF%BC%881/
記事によると、この記事を書かれた方の友人は、ホテルの駐車場で停車時に当て逃げをされたとのこと。1DAY保険は運転中の事故が対象だそうです。プランBでご契約されたそうですが、停車時の事故は対象外とのことで、「車両復旧費用保険」が適用されなかったそうです。このことは、1DAY保険のホームページに記載されています。
よって、1日保険を初めて利用される方はどのような事故までが対象なのかを調べてみることをお勧めします。

いかがでしたでしょうか、1日保険は、車を運転する初心者ドライバーの方の味方とも言える存在です。免許を取得して間も無く実家の車を運転させてもらう方や、夏休みに実家に帰って来て自分で車を運転してお出かけされる方はぜひ加入してください。

コメント